home sitemap contact us favorite 영어 일본어



 
ㆍHOME > 원전MINUTE > 주간단신

2014년 09월 326호
+ スマートホンを利用した安全サービス関連特許出願増加勢

スマートホンを利用した安全サービス関連特許出願増加勢


 


韓国特許庁(庁長:金 栄敏)によれば、最近5年間、各種事故に対する危険を予め知らせてくれる警報システム分野で、スマートホンを利用した技術の特許出願は2009年、70件から2013143件に2倍以上増加したし、全体警報システム分野の特許出願で占める比重も200916.6%から201327.5%まで増加したことに表われた。


 


スマートホンは、GPS,ワイパイ、ブルートース(Bluetooth)等を通じて室内外何処にても使用者の位置を把握することができるし、加速度センサー、マイクなど自体に具備されたセンサーや、事物インターネットを通じて危険状況を迅速に感知することができるので、使用者が処した状況に適合なオーダー・メード型の安全サービスを提供することが可能である。


 


代表的な出願技術としては、使用者の位置情報とCCTVを連動して使用者の位置情報に従って CCTVカメラの映像データを保護者の端末に提供する技術を挙げることができる。該技術を利用した場合、夜遅く帰家する女性や、子供を対象にする犯罪予防に相当な効果があることと見られる。


 


最近には、加速度センサー及び心電図センサーを利用して使用者が応急状況に処したか否かを判断して周辺の人達へ救助要請をしてくれる技術も出願され注目を受けている。このような技術は心臓病などの疾患を有する応急患者が迅速に救助されるようにするのに助けになるばかりでなく、高齢化社会への進入により老人らの需要が大きく増加することと予想される。


 


更に、建物内で使用者の位置情報を把握して待避者が危険な場所を避けて行くことができるように助けてやるナビゲーションサービス技術が出願されているが、該技術は建物の火災や崩壊などの危機状況で待避者が安全に脱出して重要な生命を助けるのに寄与することと期待される。


 

韓国特許庁の関係者は“スマートホン加入者数が200980万名から20146月基準3,904万名に爆発的に増加するに従って、スマートホンを利用した安全サービスに対する技術開発及び特許出願はさらに活発になることと見通しされると”言った。

정다정 - 변호사  ()