home sitemap contact us favorite 영어 일본어



 
ㆍHOME > 원전MINUTE > 주간단신

2014년 09월 324호
+ '特許+商標’同時に審査するワンストップサービス

'特許+商標’同時に審査するワンストップサービス


 


出願人の知識財産戦略に基づいて種類が異なる種々の知識財産権を一緒に審査するように一括審査を申請した事例が初めて出た。


 


韓国特許庁(庁長:金 栄敏)によれば、この度の一括審査申請件(86日申請)は、個人の出願人が‘建築用一体型断熱ブロック’を商品に出市する前に、該製品と関連の特許と商標を一緒に取得するためのことである。


 


去る818日に開催された一括審査説明会で、発明者は関連製品及び出願技術、商標に関する説明を行ったし、審査官は出願技術、商標に対する質疑を行い、適正な権利に対する意見を提示した。該発明は9月に特許審査官と商標審査官が協議して同じ日に全ての出願件を審査する予定である。


 


企業戦略オーダー・メード型一括審査制度は、去年12月特許と実用新案を対象に導入したことに引続き去る4月から商標、デザインまで拡大された。該制度を利用すれば各知識財産権に対して個別的に審査が行われた既存とは異なり、製品に関連された多数個の特許・商標・デザイン出願に対して出願人が望む時点に合わせて審査結果を一度に受け取ることができる。


 


一括審査に加えて優先審査を申請すれば、一般的に平均13.2ヶ月、19.1ヶ月掛かる特許審査着手と終結期間を各々2ヶ月、6ヶ月以内に減らすことができる。特に一括審査説明会では、発明者と審査官が会って先行技術や補正に関する方向などを論議することにより適正な権利範囲をコンサルテングしてやる‘ポジテブ審査(助けてやる審査)’の恵沢も受けることができる。


 

一括審査の申請は、‘事業実施または準備’、‘海外輸出’関連出願を対象にする。併せて中小企業及び創業支援のために‘ベンチャー企業、‘技術革新型中小企業’、‘1人創造企業’の出願も一括審査申請が可能であり、韓国特許庁が運営するオンライン特許出願サイトの‘特許路(www.patent.go.kr)を通じて申請することができる。

정다정 - 변호사  ()